2008年06月03日

学校裏サイト探しの意味

学校裏サイトを興味本位で見たり、自分に対して何の害もない「学校裏サイト」という言葉のイメージと「子供達の居酒屋ばなし」を見て、部外者である私たちが何らかの書込みをしても、何も解決しない。

 本当に問題が起きたときに、子供の問題解決を助けるために「学校裏サイト」を探すのだ。だから、もっとも効果的な裏サイト探しの方法は、

「子供に聞く」

ことだろう。

<学校裏サイトの探し方>

 学校裏サイトを探す方法を書いていたら、5月29日に思わぬサイトが登場した。

「学校裏サイトチェッカー」http://schecker.jp/

 現在 約220校(6月2日時点)の小中学校、高校が登録されており、携帯対応の可否なども確認できる。  このサイトでは、裏サイトを見つけた人が登録する形になっており、年内には数万サイトが登録される予定だということだ。

 裏サイトは、検索で学校名を入れるか、メニューやタブで「分類(小、中、高校)」を選んで、「都道府県」を選択して、「市」を選ぶと学校名が出てくるようになっているが、アクセス数が多いためか、非常にレスポンスが悪い。 学校名で検索してしまうほうが賢明だろう。まだ、ここに登録されていない場合は、個別に探すしかない。

 

「裏2ちゃんねる」http://bbs.2ch2.net/fusianasan/

での検索

 右上にある検索画面から、探したい学校名の1文字、もしくは2文字を入れて検索してみよう。 いくつか似た名前の学校が一覧されるので、探している学校名を選べば、コメントが表示できるはずだ。

 裏2ちゃんねるの学校サイト(実際には学校別トピックスのようだが)は、最近、急速に書き込み内容が浄化されている。 実名での攻撃や誹謗中傷などがあると、その記事だけでなく、学校のトピックス全体が削除されるのだ。

 これを逆に利用して、本当に健全な交流を求めているトピックスを削除させる「荒らし」が頻発している。 まったく関係ない他人が、わざと汚い言葉を書いて、健全な学校の書込み全体が削除させられるように陥れる行為だ。 「閉鎖させられてしまうから、誹謗中傷や実名での攻撃は書かないで!お願い!」と議長が呼びかけるが、「荒らし」たちは、利用規約に違反するような書込みを面白半分に書き込んで、削除されるように仕向けるのである。
(ITmedia)
posted by 学校裏サイト at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15662110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック