2008年07月05日

「学校裏サイト」とは何か 管理人に聞く実態

「学校裏サイト」問題が昨年ごろからクローズアップされている。「いじめの温床」とも報じられ、6月11日に成立したいわゆる「青少年ネット規制法」の議論の発端になった。学校裏サイトとはどんなサイトで、誰が管理しているのだろうか――

 「裏サイト」はネガティブなイメージで語られるが、実態は、同じ学校の仲間たちが集まる掲示板に過ぎない。学生・生徒が一般の掲示板サービスを使い、自分の学校の専用掲示板を作成。学校でのおしゃべりと同様、宿題や授業、部活などについて話し合ったり、時に悪口をささやいたりする。

 学校の公式サイトではないという意味で「裏」サイトと呼ばれ始め、マスコミを通じてその呼び名が広がったが、「公式ではない学校掲示板」と呼ぶ方が正確かもしれない。

 そういったサイトの多くは、無料掲示板サービスを使って作られている。携帯電話専用掲示板が利用されるケースが多いようだが、PC・携帯電話兼用サービスが利用されることもある。

 報道などで“裏サイト”としてよく紹介されているのは、掲示板ホスティングサービス「2ちゃんねる2」(2ch2)上に作られた掲示板「裏2ちゃんねる」や、学生交流掲示板「ミルクカフェ」だ。

 裏サイトは一般的に、管理が行き届いておらず、削除依頼を受け付けていないと言われるが、この2サイトは責任者を明確に示し、誹謗中傷を規約で禁止。削除依頼にも迅速に対応している。ただ、PCからすぐに検索できる有名サイトで、マスコミなど“大人たち”が見つけやすいことから、批判の矢面に立たされることも多いようだ。
(ITmedia)
posted by 学校裏サイト at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16662426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック