2008年12月25日

『学校裏サイトは危険』 webカウンセリングの安川さんが講演

「ネットいじめ」の問題に取り組む全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長が13日、浜松市中区の市福祉交流センターで講演した。突然、身の回りの何者かに中傷されて深刻な事態に至る事例を挙げ、「誰もが見ることができる怖さがあり、親や学校の無関心が一番まずい」と訴えた。

安川理事長は、在校生らの掲示板「学校裏サイト」などの実態を詳しく説明した。ある高校生の男子は万引常習犯という虚偽情報を書き込まれ、担任教師に相談したものの「そんなのを見る暇があれば勉強しなさい」と取り合ってもらえなかった。その後、裏サイトを見た就職予定の会社から内定を取り消されたという。

 安川理事長は「野放しにすると陰口がどんどん広がる。見るなとか、ほっておけとは一切言ってはいけない」と指摘した。なりすましメールやチェーンメールによる中傷例も紹介し、「自殺や不登校を招くこともあり、親や学校、地域が一体となって子どもを守ることが重要」と話した。

 学校が攻撃されるケースも報告された。中国地方の名門高校では中途退学者が裏サイトを開設し、でたらめな悪口を書いた結果、著しく評判を落とし、定員割れに陥った。

 協議会では、これまでに11万件の学校裏サイトを確認し、1万校から依頼を受け、悪質な書き込みを監視しているという。安川理事長は「問題ないと言う学校ほど危うい」とも話した。

 講演は心理療法カウンセリング講座として、協議会が第一高等学院浜松校と共催した。教師や保護者ら約50人が参加し、真剣な表情で聞き入っていた。
(中日新聞)
posted by 学校裏サイト at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイトの話題2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24743885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック