2010年01月07日

テレビ棄てネット移行するタレント ビートたけし

2010年は、テレビや新聞のターニングポイントだ、と言われる。ビートたけしさんは、東京スポーツの創刊50周年を記念して、同紙の元旦付紙面で祝賀トークを展開。
東スポは、見出しや記事がいいとして、「ネットの裏サイトより強い」と太鼓判を押した。ところが、テレビについては辛辣だった。


今後1年の見通しについて、「とにかくテレビは予算も仕事もない」。その結果、芸能界ではリストラの嵐がさらにひどくなるとして、テレビを見放すタレントが相次ぐと予言した。

「テレビからインターネットや携帯サイトの方に移行するタレントが続出するだろう」と。

理由として、意外なことを明かしたのだ。

「テレビもネットも基本的にギャラは同じだっていうからさ」

たけしさんが言う「ネット」とは、具体的に何を指すのかは触れられていない。が、タレントが出演するとなると、パソコンや携帯電話の動画サイトということになるのだろう。

テレビと同じギャラが払えるかは別として、確かに、業績を上げている動画サイトはいくつかある。

お金のことならおまかせひらめき

その一つが、第2日本テレビだ。2005年10月にサービスを始め、ダウンタウン松本人志さんのコント出演などを手がけて、09年1月に初めて単月黒字化を達成した。赤字続きとされる動画サイトでは、異例のことだ。さらに、10月にも達成し、運営に弾みを付けている。有料配信を止め、地上波の日テレと双方に配信するクロスメディア戦略で広告を増やしたという。
(J−CASTニュース)
posted by 学校裏サイト at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイトの話題2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34896792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック