sponsord link

2008年05月22日

「ガイアの夜明け」―学校裏サイト・出会い系サイト「ネットの闇」

闇サイトや違法サイトだけでなく、健全と思われたサイトが犯罪の場に変わる。5月20日夜放送の日経スペシャル「ガイアの夜明け」では、携帯によって子どもも簡単にアクセス可能となったネットの現状とその問題を紹介。

出会い系サイトを利用した犯罪や、携帯サイトで発生する誹謗中傷など、パソコンや携帯が身近な存在になったことで、インターネットと子どもたちをめぐる問題が多発。「子どもに携帯を持たせることが適切か否か」という議論まで巻き起こっている。

 日経スペシャル「ガイアの夜明け」では、「闇サイト」や「違法サイト」だけでなく、健全と思われたサイトが犯罪などの場に急変するネットの現状とともに、有害・違法サイトから、社会や家族を守るためにはどうすればいいのかを取材。「ネットの闇〜有害サイトから家族を守れ〜」と題して、5月20日午後10:00から、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、テレビせとうち、TVQ九州放送ほかで放送された。
(MarkeZineニュース)
posted by 学校裏サイト at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年05月21日

学校数の倍以上ある「裏サイト」

見つかった学校裏サイトのうち、「2ちゃんねる」をはじめとした電子掲示板に立てられた「スレッド型」が88%を占めていました。一方、特定の学校名を掲げて独立したサイトを立ち上げる「特定学校非公式サイト」は全体の2%に過ぎず、この1、2年で激減したと報告書では分析しています。
群馬・静岡・兵庫の3県に関する2,010件のサイトを調べたところ、誹謗(ひぼう)・中傷の言葉が書き込まれていたサイトが50%、わいせつな言葉が書き込まれていたサイトが37%、「死ね」「消えろ」など暴力的な言葉が書き込まれたサイトが27%ありました。とりわけ特定学校非公式サイトでは、51%に個人を特定できそうな書き込みがあり、そのうち3分の2近くのサイトには実名(名字だけも含む)も書かれていました。さらに、特定学校非公式サイトにはすべてにゲームや出会い系などの有害なネット広告が載せられていました。

掲示板などでの会話は、気を付けないと誤解を招いたり、感情的なもつれがエスカレートしたりする危険性があります。不確かな情報が独り歩きしてしまうことも、よくあるようです。あわせて行われたアンケート調査によると、毎週のように書き込む生徒は回答者全体の1%程度で、書き込みを見て「自分が落ち込んだことがある」という生徒も2%程度です。しかし、裏サイトの存在を知った生徒の71%が、実際にサイトを閲覧しています。少数の心ない書き込みが、少数の生徒を標的にし、それを黙って読んでいる生徒がたくさんいる、と結果を読んだ方がよいのかもしれません。
(Benesse教育情報サイト)
posted by 学校裏サイト at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年05月15日

有害サイト 匿名の闇を照らし出すには

中高生らによる学校裏サイトは「キモイ」「死ね」などの言葉が飛び交い、「ネットいじめ」の温床とされてきた。文部科学省が先月まとめた全国調査報告書で、3万8000を超えることが分かった。

 ここでは匿名性の陰に隠れて中傷・攻撃の矢を放っているのは、子どもたち自身である。言葉の暴力に加え写真まで掲載され、自殺に追い込まれたケースもある。

 家庭や学校で子どもたちのネット事情をもっと把握する必要がある。学校現場では、サイトの巡回、閲覧が一部の教師の熱意に委ねられているところも多いようだ。ぜひ改善したい。

 学校側が中傷に気付いてサイト管理者に削除を要請しても、対応してもらえないことがある。昨年4月、大阪府警が管理者を名誉棄損ほう助罪で書類送検したが、検察は不起訴処分にした。名誉棄損罪ではなく侮辱罪に当たり、刑法上、侮辱罪のほう助犯は罰することができないとの判断からだった。

 悪質で重大な結果が発生した場合、きちんと責任を追及できるようにする。表現の自由、通信の秘密に配慮しながら、その法整備を急ぎたい。

 匿名空間の居心地の良さがネットの魅力の一つである。その隅々に光を当てる必要はない。しかし、人を傷つけ、死をも誘発する行為は放置できない。
(河北新報)
posted by 学校裏サイト at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年05月08日

学校裏サイトで不登校4件 横浜の全市立中調査で

横浜市教育委員会は七日、市内の全中学校百四十五校を対象に実施した二〇〇七年度の学校裏サイトに関する調査で、不登校に発展したケースが四件あったと発表した。

 市教委によると、裏サイトが確認されたのが百五校。不登校に発展した中では、四人グループで、ほかの友達の悪口を書き込むうちにグループ内の生徒の悪口が飛び交うようになり、うち二人が不登校になった例などがあった。

 また、学校名を挙げて「弱い」と書き込まれた中学校の生徒が集団で他校に乗り込み教師に制止されるという暴力行為寸前までいったケースや、悪口を書き込んだ生徒が書き込まれた生徒から嫌がらせを受け休みがちになった例もあったという。

 市教委は四月、裏サイト管理者に削除依頼した市立中学の男性教諭が同じサイトで中傷されていたことが判明し、〇七年度中の実態の調査を開始。同じように削除依頼した教職員が非難や中傷をされたケースがほかに六件あったことも分かった。
(中国新聞)
posted by 学校裏サイト at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年05月01日

想像を超えた"ネットいじめ"の世界に絶句

不登校やひきこもりなど、子どもに関するさまざまな相談を受け付ける全国webカウンセリング協議会は26日、27日の両日、「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座」の初講座を実施した。午前、午後の計4回開かれ、学校裏サイトの見つけ方や、嫌がらせを目的としたなりすましメールの受信拒否の方法などを教員らに指南。全国から受講希望者が殺到し、ネットいじめへの関心の高さがあらためて明らかになった。
ネットいじめに対応できる大人が圧倒的に不足

学校裏サイトは、児童や生徒が管理する学校関連のブログや掲示板で、本人が掲載を望まない画像や誹謗中傷が掲示されるなど、"ネットいじめ"の温床になっていると言われている。文部科学省が今年1月から3月に実施した調査では、全国に約3万8,000件の裏サイトが見つかった。また、本人になりすましてプロフィールサイト(プロフ)を立ち上げ、なりすまされた本人が、あたかも援助交際しているかのように見せかける悪質ないじめも数多く出てきている。
(マイコミジャーナル)
posted by 学校裏サイト at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年04月22日

学校裏サイト どう対抗 前橋のNPO取り組む

学校裏サイトの初の実態調査を文部科学省が15日公表した。携帯電話による書き込みが、友人を傷つけ、自殺に追い込みかねないのが裏サイトだ。どう克服すればいいのだろうか。調査に協力した前橋市のNPO法人「青少年メディア研究協会」の活動をもとに考えてみる。

 研究協会のメンバー下田太一さん(29)は3月下旬、群馬県高崎市立倉渕中学校で、保護者と先生約100人に訴えた。

 「『バカ、ブス、ウザイ』は、子どもたちが会話の中でも使う言葉です。学校裏サイトが問題なのは、そうした言葉が書き込みとして残ってしまい、不特定多数の目にさらされるということです」

 講演では決まって、携帯電話で閲覧できる裏サイトや自己紹介サイト「プロフ」(プロフィル)の画面を大映しする。露骨な中傷やわいせつな言葉、少女のヌード写真などといった刺激的な内容の紹介も辞さない。それは、「子どもが携帯電話を使う時にどれだけの問題が起きているか、大人が知らなすぎる」という思いがあるからだ。

 高崎市中心部から約20キロ離れた山間部にある倉渕中でも、2年生の半分ほど、3年生のほとんどが携帯電話を持つ。下村進校長(58)は「携帯電話にお金を出している保護者にも危険な面を認識してほしい。今や学校がすべてやるのは不可能なところまで来ている」と話す。

 情報メディア論が専門の下田博次・群馬大学特任教授(65)らは、01年に前橋市で「ねちずん村」(現在は研究協会の一部門)を発足させた。スタッフは、次男の太一さんら数人だ。子どもが巻き込まれるネット上の犯罪防止や、ネットの前向きな利用について研究。活動への注目度は年々高まり、07年度は全国で約300回の講演会や研究集会に招かれた。

 今年3月には、群馬大研究室として掲示板やプロフの書き込みの危険性を判断できるコンピューターソフトの可能性について調査報告をまとめた。ネット上の書き込みに、「ウザイ」「キモイ」など35の「有害語」が出ると中傷の噴出につながりやすいことを確認。こうした言葉の検索と、文脈を確認して危険性を判断するコンピューターソフトの開発に取り組むべきだと提言した。
(asahi.com) {PR}学校裏サイト
posted by 学校裏サイト at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年04月17日

「学校裏サイト」3万8,000件、半数のサイトに「キモイ」「うざい」など中傷

文部科学省はこのほど、学校の公式ホームページとは異なる、児童や生徒が管理する学校関連のブログや掲示板、いわゆる「学校裏サイト」が全国に約3 万8,000件あったとの調査結果を公表した。2チャンネルなどの掲示板に掲載される「スレッド型」が最多であることや、抽出したサイトの半数に「キモイ」などの中傷が書き込まれていることが分かった。

同調査は、"ネットいじめ"の温床となっているとされる学校裏サイトの数や誹謗(ひぼう)中傷などの内容の実態について、NPO法人や大学教授の協力も得て文部科学省が今年1月から3月まで実施した。

サイトの掲載形態別に見ると、掲示板にスレッドとして掲載されている「スレッド型」が3万3,527件と最多となったほか、生徒が「個人ホムペ」と呼び、数人のグループで遊ぶ「グループ・ホームページ型」が1,944件、「Teens学園」「高校生のしゃべり場」など、全国の中高生がだれでも閲覧・書き込みができる「一般型」が1,931件、特定の学校の生徒が閲覧や書き込みをする「特定学校型」が858件だった。

また、同調査では、群馬、静岡、兵庫の各県の学校裏サイト約2,000件をサンプルとし、書き込み内容をさらに詳しく分析。その結果、約半数のサイトに「キモイ」「うざい」など中傷が書き込まれていることが分かったほか、性器の俗称などわいせつな言葉があるサイトが37%、「死ね」「消えろ」「殺す」など、暴力を誘発する言葉が含まれるサイトが27%を占めることも明らかとなった。

さらに、これら3県の中高生2,418人に対し、学校裏サイトに関するアンケート調査も実施。同サイトを「知っている」と答えた生徒が33.0%、このうち閲覧したことがある生徒は23.3%であることが分かった。さらに、閲覧した経験がある生徒のうち、13.8%が書き込んだことがあると回答した。

学校裏サイトなどを含めた"ネットいじめ"を防止するための対策講座を開く全国Webカウンセリング協議会理事長の安川雅史氏は、「今回は3万8,000件というが、これよりもっと多くの学校裏サイトが存在しているのは確実。これだけ裏サイトが広がった背景には、携帯電話の爆発的な普及とパケット定額制の浸透があるが、もっと本質的な原因としては親や教員の無関心と携帯利用方法への無理解がある」と指摘。

さらに、「『陰でコソコソやる』『匿名だと凶暴になる』といった傾向もあるようで、これらの要因が重なって子どもが暴走している。これに歯止めをかけるには、大人たちが本気になって裏サイトの問題に取り組み、適切な対処をすることが求められる」と述べ、本格的な対策の必要性を訴えている。
(マイコミジャーナル)
posted by 学校裏サイト at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年04月08日

ネット対策DVD作成 「家庭での対応」が重要に

福岡市教委は、インターネットの有害情報から子供を守るための対応策をまとめたDVDを作成した。小学校から高校まで全市立学校に配り、PTA総会などで紹介する。

 福岡市内では、インターネットやメールでトラブルに巻き込まれる子供が増加。06年度は、掲示板やチェーンメールによるいじめが中学校6件▽学校裏サイト掲示板による暴力行為が同4件▽小学生による小学校への脅迫が1件あった。

 DVDでは有害サイトを選別するフィルタリング機能や、子供向け検索エンジンなどの便利な機能を紹介。また、料金上限などを定めている家庭は多いが、利用方法に関しては定めていない家庭が多いと指摘。利用履歴をチェックする▽利用ルールを決める▽子供の変化に敏感になる−−ことが効果的だとしている。
毎日新聞 2008年4月5日 地方版
posted by 学校裏サイト at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年03月17日

学校裏サイトは、民間団体の推計では30万以上とも言われる

学校裏サイトでの「ネットいじめ」は、ネットの匿名性と相まって、拡大、深刻化しやすい。相談に乗ってくれていた“親友”が、実は中傷を書き込んだ本人だったという例もある。

携帯電話各社は2月から、未成年者が購入する際、親が拒まなければ、有害情報への接続を規制するフィルタリングサービスを付けることにした。

子どもを被害者にも加害者にもしないためには、とりわけ親の役割が大きい。

おもしろ半分の行為も、匿名の世界ではすぐにエスカレートし、時には、相手を不登校や転校、自殺に追い込みかねない危険性をきちんと教えなくてはならない。

子どもにおもねらず、年齢に応じて使用時間などを制限したり、フィルタリングサービスを利用させたりすることも大切だ。

いじめられている子どもには、頻繁にチェックしていたメールを見なくなるなど異変が現れる。それを見逃さないようにするには、普段からの会話が大事だ。

日本PTA全国協議会の調査では、携帯電話の使用について親子で「よく話す」「時々」と答えたのは、小学5年では親8割、子ども6割、中学2年では親9割、子どもはその半分だった。

相互の認識の違いを埋める努力が、親には求められる。

教師も異変に気づける機会は多い。生徒らへのアンケートが、ネットいじめの発覚の端緒になることもある。道徳の授業などで、生徒らに何が問題かを考えさせ、理解させることも必要だろう。

問題のある書き込みの見つけ方や対処法など、ネットの知識や技術も身につけたい。
(2008年3月16日 読売新聞)
posted by 学校裏サイト at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年03月14日

学校裏サイトを通じた中傷やいじめは2006年ごろから目立ち始める

いじめの温床になっているとして社会問題化しているインターネット上の「学校裏サイト」を文部科学省が調べたところ、集計がまとまった39都道府県だけで約3万8000件が開設されていることがわかった。

 このうち少なくとも2割で、「ウザイ」(うっとうしい)「氏ね」(死ね)といった特定の個人への攻撃や中傷が確認された。同省は14日午後に都道府県の青少年行政の担当者などを集めて開く「ネット安全安心全国推進フォーラム」で集計結果を公表、対策の具体的検討に乗り出す。

 「学校裏サイト」は、学校の公式サイトとは別に、児童や生徒などが開設した非公式な掲示板の総称。

 同省によると、学校裏サイトを通じた中傷やいじめは2006年ごろから目立ち始め、同年秋には、仙台市内の中学3年の男子生徒が「この世から消えろ」などと中傷されて不登校になり、書き込んだ生徒2人が家裁に送致された。昨年7月に神戸市の高校3年の男子生徒が自殺したケースでは、サイト上に裸の写真や悪口が投稿されていた。

 ネットを巡るトラブルの相談を受けている「全国webカウンセリング協議会」にも、学校裏サイトに関する悩みや相談が昨年1年間に374件寄せられた。

 このため、同省は今年1月から民間の調査会社とNPO(非営利組織)に委託して実態調査を開始。裏サイトを紹介している「全国学校サイトRANK」や、ネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」から探し出したり、中高生から直接聞き取ったりする方法で集計した結果、九州と沖縄を除く39都道府県で約3万8000件あることがわかった。
(読売新聞)
posted by 学校裏サイト at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト