sponsord link

2008年01月16日

携帯業界がフィルタリング強化策

携帯電話業界が携帯電話の違法有害サイトに子供が接触することを制限する「フィルタリング」の利用促進を抜本強化する。出会い系サイトで悲惨な事件に巻き込まれるケースや、学校裏サイトで未成年者が誹謗中傷の被害、加害者双方の立場となるなど社会問題化。業界として無視できない状況になっていることが背景だ。ただ今回の対策は難しい問題をはらんでいる。一方的に制限を強化することが解決策ではないことを認識し、検討を重ねる必要がある。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル(SBM)とウィルコムは今月中に子供が携帯電話を契約する際の契約書式を一新。親権者がフィルタリングをはずすことに同意しない限り、原則フィルタリングを付ける対応をとる。
(日刊工業新聞)

posted by 学校裏サイト at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2008年01月08日

文科省が実態調査 対策案策定も検討

文部科学省は、いじめの温床にもなっていると指摘されるインターネット上の掲示板「学校裏サイト」の実態調査を始めた。学校裏サイトは子どもたちが情報交換のために立ち上げた掲示板で、匿名性を背景にひぼう中傷の書き込みがエスカレートしがちだ。文科省は「子どもたちのネット利用を見守る体制を作りたい」と実態調査後の対策案の策定も検討しており、3月末までに調査結果をまとめる方針。【高山純二】


 全小中高生を対象にした文科省の06年度いじめ実態調査(昨年11月公表)では、初めてパソコンや携帯電話でひぼう中傷や嫌がらせなどを受けた例を聞き(複数回答)、全体の3.9%にあたる4883件で「ネットいじめ」があったことが判明。顔写真とアダルト画像を組み合わせた合成写真が掲示板に掲示されるケースも報告されたという。


 ネットいじめを巡っては、毎日新聞の取材で、実名や携帯電話の番号を公開されたうえ、「うざい」「カンニングしている」と書き込まれ、無言電話や中傷メールの被害に遭い、不登校になった男子高校生がいることが分かっている。また、知らない男からわいせつな電話がかかり、自宅のチャイムが鳴るなどストーカーまがいの行為をされた女子高校生の被害も明るみになるなど、いじめ以上の問題に発展するケースが出ている。


 一方、携帯電話各社は昨年12月、出会い系など有害サイトへの接続を制限する「フィルタリングサービス」について、契約者が未成年の場合は、従来の任意加入から原則加入とする方針を表明した。しかし、フィルタリング機能だけでは学校裏サイトへの接続制限に限界があり、ネットいじめを解決する「即効薬」にはなりそうもない。


 このため、裏サイトの実態に基づく対応策が求められているのが現状だ。文科省青少年課は「どんな書き込みがあるのか一つ一つ当たっていき、次の対策を練らないといけない」と説明している。


 文科省はすでに大学教授やNPOの協力を得て調査を開始。学校裏サイトの総数のほか、有害情報と判断する具体的な基準を作り、書き込み内容を詳細にチェックしている。


 調査の責任者を務める下田博次・群馬大大学院教授(情報メディア論)は「子どもたちの有害情報発信の全体像を調べる調査は今までなかった。全体像の把握は、学校裏サイトがなぜ問題を生み出すのかを明らかにすることにつながる」と意義を強調している。
(ライブドアニュース)
posted by 学校裏サイト at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2007年12月30日

2007年の有害Webサイト、猟奇描写や隠語の利用が増加

デジタルアーツは12月25日、2007年の有害Webサイトの動向を発表した。目立ったWebサイトの動向は「暴力・猟奇描写の過激化」「コミュニティに特化した隠語や略語利用の増加」「ワンクリック詐欺サイトの仕組みの複雑化」の3つという。

 暴力・猟奇描写の過激化では、小動物を虐待する動画や死体画像といった猟奇的なコンテンツを掲載するWebサイトが増えた。一般的な掲示板にコンテンツへのリンクが書き込まれるようになっており、今後も同じ傾向が続くという。

 学校などコミュニティー単位のWebサイトにおいて隠語や略語が増加している。例えば、学校の公式サイトとは別に、在校生や卒業生が立ち上げた非公式のインターネットサイトである「学校裏サイト」などで、「DQN」や「KY」といった隠語が使われている。サーバ管理者にWebサイトを削除されないようにするのが狙いという。

 一度接続したWebサイトをクリックすると料金請求画面を表示する「ワンクリック詐欺」では、これまで主流だったアダルト画像だけでなく、スポーツの映像や有名人のゴシップ画像などを表示することが多くなった。詐欺サイト作成の素材を簡単に入手できることなどが原因という。
(IT media)
posted by 学校裏サイト at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2007年12月25日

学校裏サイトのイジメの書き込み 見たことがある生徒は44%

ネットエイジア株式会社は、今回15歳から18歳の高校生ケータイユーザー479名を対象に、学校裏サイトに関する調査を行った。

 「あなたが通う学校の<学校裏サイト>」はありますか?」との質問に対して、約25%の生徒が「ある」と回答しており、男女別では男子高生のほうが多かった。

 また、学校裏サイトで「イジメの書き込みを見たことがある」生徒は44%に達した。

 その他ネット上で「悪口、中傷、嫌な書き込みをされたことがある」は16.5%で、男女別では女子高生のほうが割合が高くなっている。また「人の悪口、中傷、嫌な書き込みをしたことがある」は11.3%で、これは男女比はほぼ同数であった。

 最後に「学校裏サイト」に対する高校生の自由回答形式による意見は、主に「容認」、「否定」、「無関心」の三種類に分かれた。

 容認派では、「根本的には個人のモラル・マナーが問題。正しく使えば存在してもいい」、「みんなの気持ちがわかったりする」といった意見が見られ、否定派では「悪口が書かれているのを見て自殺する友達が出たら嫌だ」、「陰口等を言うサイトなので許せない」といった声が出ている。
(アメーバニュース)
posted by 学校裏サイト at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2007年12月14日

フィルタリングで「モバゲー」規制 株価急落でDeNA思わぬ「苦境」

携帯電話のゲーム・SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)サイト「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)の株価下落が続いている。携帯電話事業者がそろって18歳未満の利用者に、「有害サイト」の閲覧をできなくする「フィルタリング」を設定すると発表したことが影響した。10代に圧倒的な人気を誇っている「モバゲー」だが、強まるフィルタリングの動きのなかで、思わぬ「苦境」に立たされたかたちだ。

2007年12月10日、総務省の要請を受けて、電気通信事業者協会と、それに加盟しているNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムは、18歳未満の利用者に対し、親権者が不要としない限り原則フィルタリングを設定すると発表した。これに応じるように、DeNAは2007年12月11日、「モバゲータウン」の「健全性維持に向けた取り組みを大幅強化」を発表している。

「モバゲータウン」は、当初から100人体制で24時間の監視体制を敷いており、誹謗中傷の書き込みやサイト外での出会いを求める行為などを禁止していたが、さらに07年12月20日から、18歳未満のミニメール(「モバゲー」内でのメッセージ)を大幅に制限。「大人」との接触を避けるため、送受信をユーザの年齢前後2歳までのみに制限する。また、08年春までに監視要員を、約300人にまで増員する。

「モバゲータウン」は10代のユーザーが全ユーザーの4割以上を占めており、10代からの圧倒的人気を背景に急速に成長していった。今回の18歳未満ユーザーへの厳しい規制は、「モバゲー」の首を絞めることになりかねない。

携帯事業者が18歳未満の利用者に対して「有害サイト」の閲覧をできなくするフィルタリングを原則設定することになったが、実は「モバゲータウン」はこのフィルタリングの基準では「有害サイト」に分類されてしまうのだ。携帯電話事業者によって「有害サイト」の分類は異なるが、SNSや掲示板サイトは双方向のコミュニケーションがあるとして、総じて「有害サイト」としてアクセス制限の対象になっている。株価下落の背景には、10代のユーザーの「モバゲータウン」へのアクセスが制限され、同サイトの業績が悪化するのではという懸念がある。
posted by 学校裏サイト at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2007年12月06日

「志望校を変えたほうがいいよ」どん底の中学生がわずか75日で1ランク上の高校に入学!





正直なところ、情報商材にはあまり信頼性が無いと思っているので
自分から購入することはありません。

お付き合いのある、ブログ仲間さんからお聞きし、
半信半疑でしたが何かの参考になるかと思い購入してみましたら、
毎日積極的に取り組んでいるようです。

中学3年の娘が役立てているので、珍しく良質なテキストだと感じました。
内緒にしておこうかと思ったのですが
私のブログをご覧の皆様にはご紹介したいなと思って取り上げてみました。

同じ世代のお子様を持つ、お父様・お母様方にお勧めします。
よろしければ、参考にしてみてください。

数量を限定して販売されていますので、お早めにどうぞ。


わずか75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル
見事1ランク上の高校に合格した、その驚くべき勉強法とは?


posted by 学校裏サイト at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の話題youtube

2007年12月04日

学校内事故"なぜ救急車を呼ばない?




日本テレビ報道特捜プロジェクトの放送。
学校の教師は信用できませんね。
posted by 学校裏サイト at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の話題youtube

2007年11月24日

学校裏サイト」調査へ=文科省

「学校裏サイト」と呼ばれ、児童生徒が学校や友達の話題を
自由に書き込める非公式のインターネット掲示板が、いじめの温床になりかねないとして、
文部科学省は同サイトの実態調査に乗り出すことを決めた。

違法・有害情報サイト対策に取り組む関係者を集めた文科省の
「ネット安全安心全国推進会議」の20日の初会合で、同省側が明らかにした。
 
同省によると、調査では、専門家の協力を得て、電子掲示板にひぼう・中傷が
どの程度書き込まれているかなどの利用実態を調べる。
実際に「裏サイト」を利用している子どもへのアンケートなども検討している。
今年度中に把握できたデータを中間報告した後、来年度に最終報告をまとめる予定。

 同省のいじめに関する調査によると、2006年度に学校で起きたいじめのうち、
いわゆる「ネットいじめ」は全体の3.9%を占め、4883件に上った。
ブログや掲示板でひぼう・中傷を受けた例や、顔写真とアダルト画像を組み合わせたものを
勝手に掲載されたケースが報告されている。

 しかし、接続にパスワードを必要とする掲示板に悪口が書き込まれるなど、
いじめがあったとしても確認するのが難しいのが現状。
有害情報への接続を制限するフィルタリング機能も「すべて防げるわけではない」
(文科省青少年課)といい、ネット上でのいじめ対策が急務となっている。
(時事通信出版局)
posted by 学校裏サイト at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2007年11月13日

学校裏サイト「ネットいじめ」対策コンサルティング

ガイアックスは7日、いわゆる「学校裏サイト」や「ネットいじめ」への対策をサポートする教育機関向けのコンサルティングサービス「スクールガーディアン」の提供を開始した。

 ガイアックスでは、学校の在校生や卒業生などが開設する非公式の「学校裏サイト」において、実名による誹謗中傷が行なわれるなど新たないじめの温床となり始めているとして、こうしたサイトの発見や監視を行なうサービスとして「スクールガーディアン」を開始。コミュニティサービス運営やCGMコンテンツ監視のノウハウを活用し、教育機関に向けたトータルソリューションとして、学校裏サイト・ネットいじめ対策コンサルティングサービスを提供するとしている。

 スクールガーディアンでは、携帯サイトや無料掲示板サイトなどに設置された学校裏サイトを、ガイアックスが開発した検索手法に基づいて洗い出し、サイト内のコンテンツを読解してリスク分析を行ない、課題をレポートとして報告する。分析結果はリスクごとに分類し、それぞれのリスクレベルの課題に対して対応策を提案。ネットいじめの対策が一時的なものにならないよう、初回の対策を実施した後も継続してサイト内書き込みを監視する。

 また、コンサルティングサービスを提供する教育機関には、「ネットいじめ」の被害にあっている子供や保護者向けの通報メール受付窓口を設置。一般的な検索では見つけることのできないサイトの発見、被害の実態の把握などを行なう。
(INTERNET Watch)
posted by 学校裏サイト at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト

2007年11月03日

道教委などが児童生徒の情報モラル育成会議

相次ぐインターネットや携帯電話でのトラブル、犯罪から児童生徒を守ろうと、道と道教委、道警は29日、「子どもたちを地域で育てる道民フォーラム」を札幌市内のホテルで開催した。保護者に、パソコンや携帯電話で有害情報へのアクセスを制限できる「フィルタリング」や、親子で携帯電話の使い方のルールを決める重要性を理解してもらうのが目的で、約300人が参加した。

 フォーラムでは、道立教育研究所付属情報教育センター職員や道警少年課から、ネットのトラブルや犯罪の現状について報告があった。動画サイトに流されていた、男子高校生が同級生から暴行を加えられている模様を撮影した画像のほか「学校裏サイト」と通称される電子掲示板で、特定の生徒を名指しした中傷や悪口が書き込まれている実態が紹介されると、会場は静まりかえった。

 続いて行われたトークセッションでは、道立札幌北陵高校演劇部の部員12人が、携帯電話購入を巡る親子の会話や教室での同級生のやりとりを寸劇で紹介し、コメンテーターが意見を述べた。札幌市PTA協議会の天谷一男会長は「中学生以下には携帯電話を禁止できる法律が必要ではないか。親がもっと声を上げていくべき」と提言していた。

 フォーラムは最後に、携帯電話やパソコンへのフィルタリング設定の推進や、情報モラル育成に家庭や学校、地域が協力して取り組むことなどを訴えるアピールを宣言した。

(2007年10月30日 読売新聞)

posted by 学校裏サイト at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校裏サイト